よっさん 元気です

花月明千記 ⑤ 決心

5月8日 私たち夫婦は病院内の家族説明室という小部屋でドクターの話を聞く。
正式に妻は【進行性大腸癌 ステージ 3】と告知を受ける。
頭の中がからっぽになるとはこのことか、、、、茫然とする私の隣に座っている妻は1週間前の検査で見つかった癌の写真を見ているので覚悟をしていたのだろう気丈にドクターの話に耳を傾けていた。

「先生を信じて手術をうけます。」

妻は意を決してドクターに力強く答えた。

私も同意し答えた。
「よろしくお願いします。」

胸に熱いものがこみ上げてきた。

「燃えるごみは火曜・金曜、プラスチックごみは水曜日、電気・水道・ガスは〇〇日に△△銀行から引き落とし……」
主婦の引き継ぎは大変だ。
入院を前に妻はホワイトボードに注意書きを掲げた。
どっちが病人かわからない……
頼もしい妻であり母であった。
注意書き1
今宵も感謝 合掌 礼拝
このページのトップへ

花月明千記 ④ 湯のみ

病状説明と検査入院がゴールデンウィーク明けとなった。
「連休中は普段通りの生活でいいよ~。お酒も大丈夫飲んで下さい。」
気さくなドクターの言葉をもってとある休日妻と娘と義母とでドライブに出かけた。
入院前のうちに好きなものをうんと食べなよ。
昼食はそば屋。
私はそばの上に肉とねぎが盛り上がっている肉おろし蕎麦だったかな。
あの日妻が食べたメニューが思い出せない。
なんてこった。
味噌煮込みうどんのような気がするが……思い出せない……。

入院生活で使う湯呑を買いに行こうと私たちは陶器の里土岐美濃焼街道どんぶり会館へと車を走らせた。
娘は「どんぶりアイス どんぶりアイス」と子供みたいに叫んでいる。
s-20120621-1-4.jpg
どんぶり会館名物のどんぶりアイスに堪能した妻は入院生活に使う湯呑をじっくり選んでいる。
「これいいね、手にした感じがしっくりするわ」
嬉しそうにお気に入りの湯のみを手のひらでそっと包んでレジに向かう妻の背中は少し寂しそうだった。

入院中活躍したその湯のみは、今も毎朝おいしい水を注いでは妻に供えている。

線香の煙に揺れながら
おいしそうにのどを潤す 
君の笑顔が浮かんでは消え 消えては浮かぶ
IMG_湯呑
今宵も合掌礼拝
このページのトップへ

花月明千記 ③ ふたりの父

5月2日妻は胃カメラ腸カメラでの検査結果 大腸に癌が見つかった。
その日妻の父は以前から決まっていた両膝に人工関節を入れる手術のため入院した。
私の父は3月に亡くなり5月6日に四十九日の法要を控えていた。
参列や 手伝いをするかずいぶん迷った。
ドクターは「大丈夫行きなさい」と後押しした。
私の家族だけに癌を伝へ妻は参列してくれた。
後日妻はあの日の事をこう言っていた。
「四十九日は出てよかったなかなか会えない人とゆっくり話ができたよね。」

あくる日は妻の父の手術。
5時間がかりの大手術を無事終えた。
義父はこの日から厳しいリハビリ生活が始まった。

妻と義父両者のお互い励ましあう療養生活が始まった。
このページのトップへ

花月明千記 ② セカンドオピニオン

妻の遺品のダイアリーを恐る恐る開いてみる。
3月下旬から顔まぶたむくみ足のむくみ腰痛などの走り書きが目に付く。
そういえばこんな出来事があった。

腰痛治療で通っていた整形外科で血液検査をした妻は「重度な貧血症ですリンゴやレバーなどでしっかり鉄分を摂って下さいだって。」腰をさすりながら言っていた。
検査結果の数値表が気になりインターネット検索で標準値を見てびっくり。
すべて標準値を下回る恐ろしい数値だった。
「かかりつけのT医院で診てもらおうよ」妻は翌日T医院へ駆けつけた。

「何これ」
かかりつけのT医院の女医先生は驚いた。
「内臓出血してるみたい専門医を紹介するから精密検査を受けた方がいいわよ!。」
重度貧血症の妻はますます血の気をひいてしまった。

検査結果は大腸癌

茫然自失の妻と私

悲劇は始まった。

妻は整形外科に悲しみ怒りの鉾先をぶつけた。
「何がリンゴやレバーを食べなさいだよっ 」
整形外科医はただただ「申し訳ありません」と頭を下げるばかりだった。

後日妻はその整形外科医に対してこう言っている。
「大人気なかった。専門医じゃないもんね。分かるわけないよね。退院したら謝りに行く。」

自らの謝罪は結局できなかったが、機会があれば私が行ってこよう。
妻の残した宿題のひとつだ。
このページのトップへ

花月明千記 ①

さて、何から話そうか。
家内に癌が見つかり、切除手術を終え、一時退院しほっとしてブログ投稿したのもつかの間合併症を引き起こし非公開してた記事を気持ちの整理ができたのでまず再アップしたのです。

少しづつ、支援してくださった皆様に感謝の気持ちを伝えたく亡き妻への鎮魂歌を綴ろうと思います。

そう、皆様のおかげ様です。
ありがとうございます。
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki