よっさん 元気です

なでしこさんは強かった。

第8回東西全国俳句相撲
俳句相撲

全国77組の応募から16組に選ばれ出場権を獲得した私たち夫婦は先日夢舞台に立ち熱戦を楽しんできた。
入念なリハーサル、控室での緊張感、最後の練習に励むちびっこたち、被災地岩手県から出場の落ち着いたご夫婦、常連の美人姉妹、勢揃いした32組のペアにはそれぞれの四季折々が紡がれた生き様が垣間見えた。

セレモニーを終え、さぁいよいよ出場者入場です。
リハーサルで私たちの後ろに舞台に出るご婦人ペアが間違えて私たちの前に出たがるのを心配していたら案の定本番でやらかしそうになった。なんとかうまく入場したが、司会者の出場者紹介のアナウンスと微妙なずれが生じパニクって立ち位置を間違えてしまったが選手勢ぞろいの開会式は無事終えることができた。
俳句相撲写真

いよいよ対戦の始まりだ。
相撲ということでペアにはそれぞれ四股名があり東西分かれてのトーナメント。勝ち続けなければ優勝できない。
1回戦小中学生の部が始まった。
小道具やジェスチャーを交えてのバトルが繰り広げられた。
そして一般の部 1回戦。
私たちの四股名は【木曽乃川】対戦相手はご婦人ペアの【なでしこ】
【なでしこ】さんが先に詠みあげる  「蟻地獄 見ている間 蟻は来ず」
場内からため息がもれる。
「やられた……すごい 息詰まる情景… 時の流れ… いい句だ…」
感心している場合ではない。
続いて私たちがそれぞれ一句づつ詠みあげた。
「それでは審査員の皆さん、ただ今の判定をお願いしますッ!」
司会者の掛け声とともに5人の審査員が東西どちらかの軍配を挙げる。
「なでしこ3票 木曽乃川2票 なでしこの勝ち~ッ!」
111117_180537.jpg

初戦敗退。
でもこの大会のために妻と費やした時間の充実感に満足し私たちは舞台を降りた。
8枚の短冊全部披露すれば大関か横綱か。
「2枚しか詠めなかったね」
「来年は目標4枚だな」

敗者は会場で審査の仲間入りとなる。
勝ち進む選手の出来は秀逸で甲乙つけがたく、判定に頭を悩ませた。
そして最後に勝ち残った横綱は私たちの対戦相手【なでしこ】のお二人だった。
てことは初戦敗退悔いは無し。満足満足……と負け惜しみ。

さすが横綱 なでしこさんは強かった。
このページのトップへ

something to drink 清酒で身も心も・・・

文化の日です。
俳句相撲に備えて、小道具制作です。
なんといっても短冊が無ければ始まりません。
そんなわけで地元の画材店へ短冊を買いに一宮本町商店街を散策しました。
111103_141319.jpg
真清田神社に続くアーケード街は閑散としていましたが、昭和の匂いを残したままのこの街が好きです。
短冊を買い大会での優勝祈願(……絶対無理だけど……)を真清田神社で福の神詣でしたのです。
111103_142624.jpg111103_142429.jpg
菊の香りと七五三 たこやき焼きそば りんごあめに千歳飴
懐かしい空気を満喫したのです。
一宮の名産品を紹介するショーウィンドーには真清田神社に献上される清酒が展示されています。
眺めているだけで身も心も清められる思いです。
ラベルの 真清田 という文字は亡くなられた先代の宮司さんの筆書だそうです。
111103_142954.jpg

さて、俳句短冊を前にして今宵は妻と呑みながらの俳句相撲大会の作戦会議です。
111103_160416.jpg
拙句:菊の香や 肴のあてに 地酒吞み
このページのトップへ

something to drink 芋焼酎湯割りを・・・・・

我が夫婦の最近のブームは俳句です。
ど素人が挑む俳句相撲大会まであと2週間ほど。
二重季語の禁止や、「や」「かな」「けり」の切れ字の重要性も知らぬまま、気楽に俳句を詠んできた二人は知識を得る度に緊張感は増し眠れない夜もあったのです。
そんな緊張感を解すTV番組【吉田 類 の酒場放浪記】は お酒と俳句が見事にコラボされた楽しい番組で我が夫婦のゲツク(月曜九時)は癒しのひと時となるのです。
goods_illust.jpg
そんな秋の夜長二人が好んで呑むお酒は焼酎財宝の芋 勿論お湯割り。
湯気の向こうに 五・七・五 の十七文字が浮かんできそうな気がするのです。
secret_photo.jpg   howtodrink_photo1.jpg

ある日部屋のテーブルの上に見慣れぬものが置いてありました。
台所へ湯を沸かしに席を立つ私の姿をよく目にする娘が電気ケトルをプレゼントしてくれたのです。
いい娘に育てたもんだと、我が夫婦は自画自賛。
美味しい酒の肴ってぇもんはこういう優しい気持ちなんだよなとまた一杯、もう一杯と続くのです。
111030_143304.jpg

拙句:秋の夜は 湯気の向こうに 十七文字
このページのトップへ

出場権獲得!!

話は二年前にさかのぼる……
妻と一緒に【東西全国俳句相撲】の観戦を終え帰りの車中で冗談半分で語った夢が実現してしまったのだ。
    (そのお話はここをクリック)

……ということで、私たち夫婦は今回前頭選考会に応募したところ入賞してしまい【第8回東西全国俳句相撲】の出場権を獲得してしまったのです。

「よっぽど、応募者が少なかったのかな……?」
「準決勝、決勝は観客も審査員になるよね。」
「そうだ、身内で固めなきゃ!」

皆さんそういうわけで11月13日は大垣まで応援に来てください。
でも、審査は厳正にね。
戦いはもう始まっているのです。
このページのトップへ

そして 大垣

蛤の ふたみに別 行秋ぞ 
俳聖・松尾芭蕉は、【奥の細道】の旅をこの句を詠んで大垣で終えた。
長旅の疲れの重い気分もまだ抜けきっていないうちに、再び水門川の船町港から桑名へ舟で下った・・・
index155.jpg
文化の日、その芭蕉ゆかりの地 大垣 を訪ねた。
といっても名所巡りの観光ではなく俳句巡りの観戦だ。
何を訳のわからぬことをと思うでしょうが、2人1組のチームが、与えられた席題で詠んだ自慢の俳句を発表しあって横綱を目指す「東西全国俳句相撲」という催しで楽しい心の旅をしてきた。
芭蕉の旅姿で土俵にあがったり、体を使って表現したり、十七文字の真剣勝負に声援を送った。
小中学生と一般の2部門をゲスト審査員の俳人・黛まどかさんや落語家・林家木久扇さんに加えて、私たち観客も軍配を上げて審査に参加した。
IMG_4575-200.jpg
無邪気な子どもたちの物を見る目は汚れなく純粋で、家族愛・生命の尊さ・自然の偉大さを堂々と詠い涙した。

憧れの黛まどかさんはとても美しかった。
まどか
「俳句って難しく考えなくても、思うままに好きな言葉を並べればいいのですよ。楽しんでください。俳句を詠むことは、しばし心で旅をすることなのです。」
一言一言、胸に染み入りつかの間俗から逃れた文化人になれた。

林家木久扇さんはとても面白かった。
prof_kikuou_2.jpg
噺家も因果な商売で、本当は一番悲しんでいるはずなのに、先ごろ亡くなった圓楽師匠をも笑いのネタにしてしまう、芸人のプロ意識 素晴らしい文化人だ。
gnj0910310507010-p2.jpg

あっという間に心の旅も終わってしまった。
「楽しかったね、来年も行こうねッ!」 妻が嬉しそうに言った。
「来年は、ふたりであの土俵にあがろうか。」
「うん、がんばって賞金ゲットしようッ!」
・・・?やはり現実にもどってしまう・・・でもそれでいいのだ。
人は素直が一番だ。
「おォ 10万円分旅行券を手に入れようッ!」

車を走らせる帰り道、目の前にはぽっかりと大きな満月が浮かんでいた。
image.jpg

拙句 : 俗を断つ 日がな一日 文化の日
拙句 : 満月や 星も見つめる 土俵かな
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki