よっさん 元気です

よっさん 涼 を詠む 不動滝編

河よ 私を流しておくれ
河よ 満つることのない海へ
おまえは流してくれる
罪もけがれも
おまえは洗ってくれるだろう
生きることのせつなさを・・・・・・

【赤い鳥】の隠れた名曲【河】の一節だ。
湧水が小川の流れに乗り、大河に合流してはやがて海へと・・・・・・
そんな人生を感じる詩に涙するのは何故だろう?
川の流れの途中には幾多もの艱難辛苦が待ち受けている。
《滝》だ。
滝といえば、古の昔から修験者の行の場を思い浮かべる。
荒々しい水しぶきに打たれての心身鍛錬の修行。
段々と、人はこの精神を忘れていく。何もそこまでストイックになる必要は無いのだが、息子たちを見ていると不安になる時もある。
そんな気持ちとは裏腹に今回訪れた滝は優しい顔をした、心癒される涼感たっぷりの滝だった。

無料駐車場がそろそろ満車になるかなって位の時間に【花の森】に着いた。「ようこそ不動滝へ」の看板をくぐり石段をかなり下る、額には汗が滲み出やがてポタリポタリと落ちていく。へとへとになり『まだかなぁ?』と思った途端、角を曲がると目の前に広がる絶景。
「滝だ・・・・・・」と一言絶句、家族皆言葉無く感動している。
エメラルドグリーンの水がとても目に優しく、疲れも洗い流されどこかに行ってしまった。
20070819161340.jpg

拙句 : 絶景に 汗拭くことも 忘れけり
拙句 : 岩肌を 伝う白帯 澱みなし

taki2.jpg

順路2の仙樽の滝へと引き返す。途中かなりの高さのつり橋を渡る。
看板には〔一度に渡る人数は3人まで〕と注意書きが・・・家族全員私の顔を見る。言いたい事は分かっていたが「父さんはひとりで渡ってよ~ッ!」っていう家族の言葉は滝壺の水より冷たかった。
拙句 : 揺れる橋 明日へと続く 夏の道
taki4.jpg



taki3.jpg

仙樽の滝は幅広く落差も低く、穏やかな顔をしている。滝壺近くの岩場まで下りて行ったのだが、長女は膝がガクガクと震えていた。いつも生意気な口をきく娘だが、やはり女性だと一安心。岩に腰を下ろしマイナスイオンの癒しのひと時を満喫した。

拙句 : ツツツーと 川面渡るは クロアゲハ

出口まで澄んだ水が流れる水路が続き、脇の遊歩道は石畳になっている。水路に葉っぱで作った舟を流し、競漕させた。
いつまでも子供だ。

拙句 : 願いこめ 競い合わせの 笹の葉舟
拙句 : 蝉しぐれ せつなく響く 谷の底

休憩所では若者達が、流しそうめんを大騒ぎしながら食べている。元気があって楽しくやるのは結構だが、興ざめだ。風流風情を学習してほしい。そうめんはひんやりした空気に包まれ、川のせせらぎを耳にしてしっとりとした気分で賞味したい。風鈴の「チリリ~ン」と一音あればさらによし。覚えたての現代用語を使った。
「あいつらKYだ。」

夏の終わりを告げる音はなんであんなに物悲しいんだろう。そんなことを思いながら、山を下りた。

拙句 : 下山すも 後ろ髪引く 滝の音

 ~次回いよいよクライマックス おんぼいの湯編 で堂々完結
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントを頂きありがとうございます。

ここでは初めまして
ブログを楽しく拝見させて頂いています。
滝を見て情感を生み出す姿はロマンチストですね。
「KY」なんて現代用語を駆使するところはさすがです。
クライマックスも楽しみにしています。

コチラでは初めまして

私のブログにコメントありがとうございました!
期待に沿えるよう絵あげれるかどうかわかりませんが頑張ります

KYとはまさしくその若者たちにぴったりな言葉ですね!
建設用語で危険予知だとは知りませんでしたww
クライマックス楽しみです

コメントありがとう!

原さん、月島さん、コメントありがとう。なにせ年寄りですので若者の気持をいつも勉強させてもらってます。クライマックス期待されてますが、プレッシャーはねのけて、アップさせますよ。乞、ご期待!

完結編には行列ができるかも。

「岩肌を 伝う白帯」にはもう、参りました。目の前に白帯のような滝が迫ってきます。正に吟遊詩人の真骨頂です。
期待を超える不動滝編に感動しました。
まるで自分が滝壺に向かって下りているような、スリルと涼感を味わうことができました。
完結編は不動滝編の余韻をもう少し楽しんでからにして欲しいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/56-f39ea1cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki