よっさん 元気です

よっさん京を詠む 前編

我が家は、家族4人同じ日に一緒に休日を取るのはむずかしいのだが、3月のとある1日一斉に休みが取れたので、久しぶりの家族小旅行に出掛けた。
行き先は・・・・・・京都。年寄りくさいが、我が家は古寺巡礼ファンが多いのだ。そんな我が家の珍道中を廃人いや自称俳人よっさんの拙い歌を詠みながら語っていきたい。

桜開花まではまだ1週間ほど前の早朝である。小寒い中朝日に照らしだされる伊吹山に向かい車は一路関が原へ。

 拙句:春動の 息吹(伊吹)感じつ 峠越え     002.jpg

まだ雪化粧の伊吹山もなんだか春を待ち望んでいる顔をしている。そんな輝かしい山を横手に見ながら、関が原インターから名神高速へと入るのだが、ETCデビューのよっさんは緊張しつつ、ハンドルを握りしめ減速をしゲートをくぐるのであった。

 拙句:春風に 誘われくぐる ゲートかな

座席の後で陣取っている子供たちは幼い頃の話で盛り上がる。それは昔よく出入り口の係員の人たちに「お早う!ナイスデイ!」などとテレビのワイドショーなんかのタイトルバックを叫んでいたという思い出話。機械化の昨今今の幼い子供たちは、こういう楽しみが又ひとつ減るんだななどと、生意気なことを言っている。

朝食を多賀サービスエリアで摂ることにした、ここのレストランはバイキング形式でとても値打ちである。和洋中なんでもござれで、朝からすごい勢いでみんな満腹状態。気分は上々にて我が家は宇治平等院へと向かうのである。

 拙句:春彩食 食べつくしては 箍(多賀)ゆるむ

瀬田東インターをおり、瀬田川沿いのドライブコースを悠々と走っていると後ろの娘がガサゴソと音をたてていたのだが急に黙りこくった。今日はビデオ撮影を任していたのだが(娘の仕事は結婚式のビデオ撮影、編集)・・・・・・「充電切れや~」「アタシャ プロとして失格だ~っ!」とちびまる子ちゃんの困った時の顔で叫びはじめた。まあ人間誰でも失敗の連続だ。大丈夫!次の機会の楽しみにして車は宇治市に入ったのである

                     maruko02.jpg

  ~~~つづく
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

続編が待ち遠しい

家族4人で旅行ができるって素晴らしいことです。
いつも家内と二人っきりのさとやんにはとても羨ましい光景です。

宇治市あたりを訪ねるとはなかなかの京都通ですね。
続編を楽しみにしています。

  • 2007/04/16(月) 14:18:31 |
  • URL |
  • さとやん #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/35-d55e48cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki