よっさん 元気です

花月明千記 ⑩ 句会

妻がこの世を去りお通夜の段取りをしていると、和尚様に呼ばれ戒名を頂いた。
「貴男の奥様は常に周りを明るくし月のようであり、花のようである。月も花も幾千通りも明るく輝く。戒名は【花月明千信女】でいかがでしょう。」
暗くどんよりとした家族にひと筋の明かりが差し込んだ。
家族全員久しぶりに微笑んだ。
「ありがとうございます、妻にぴったりの戒名です。安らぎを与える戒名です。」

今宵は中秋の名月、生前妻とは呑みながらよくミニ句会を開いていた。
きっかけは、漫画【酒の細道】テレビ番組【吉田類の酒場放浪記】夫婦ともども宗達や類さんの世界に迷い込んでいた。
IMG_1077.jpg

一周忌を終えたあたりから少しづつ遺品整理をしている。
押入れから短冊が出てきた。
3年前夫婦で出場した全国東西俳句相撲の出し句の短冊だ。
トーナメントで勝ち抜く度に詠みあげる俳句を短冊に写しておいたものだが、生憎その日は1回戦で敗退2回戦以降詠みあげていく俳句は日の目を見ることなく押入れの中に封じ込められていた。

月見の夜に
亡き妻の稚拙句を詠みあげてみたい。

新米の むすび息子の 疲れとり  
  息子が新社会人になったころ、緊張して帰ってくる息子にお腹が空いたかとまずはおむすびで一服させていたころがあったなあ。 新米と新入社員の掛け言葉ともとれるね。

小春の京 母の手を取り 石だたみ
  我が家では女子会がよく行われた。メンバーは妻と娘と妻の妹そして妻の母。京都の旅の思い出句。ゆっくりと三年坂を上る母と娘。楽しい旅だったようで。

野菊摘み 名も知らぬ人 手を合わせ
  これも旅の一コマ妻は海よりも高原や山への旅が好きだった。小さな野に咲く花が好きだった。
IMG_1076.jpg

今宵は中秋の名月
妻を偲びひとり句会
空の上から品評しておくれ

名月や 君の笑顔と 重なりて
IMG_1073.jpg
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/299-048d474c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki