よっさん 元気です

若さと馬鹿さは紙一重

旧暦正月13日(今年は3月2日)、はだか男達が神男に触れようと揉み合う勇壮なお祭が、稲沢国府宮神社で行われた。 二十数年前はよく“祭り男”といわれ、はだか男を3回経験している私はこの祭りのニュースを見るたびにいつもなら血が騒いだものだが、年々ボルテージが下がってきている。息子が、「こんなみっともない事、よくやるよなぁ~」ってつぶやくと、『確かに……』と頷いてしまう私は、もう若くない証拠だろうか……。
          
               hadaka_081.jpg

はだか男デビューは、確か前厄の24歳位の時だった。とても寒い朝だった。水風呂に入り、体を清め、コップ1杯冷酒をクッと飲み干し町内を笹を束ねた謎の物体にしがみつき練り歩いたのだが、緊張のあまり出発時点ですぐつまづき、私の裸体は、無残にも引き摺りの刑……血まみれとなった。
無我夢中で揉み合いに入り、クライマックスへと。神男が神殿に取り込まれ祭りは終わる。 陽も暮れかかる頃、祭りのあとの何とも言えない虚脱感の中、茫然と立ちすくむ私は『あぁ青春』とつぶやいていた。

 冒頭の息子の「みっともない事……」発言は、今を生きる若者にはもっともだと思う。18・9の坊やに「わしもやる」なんて言われたら、多分引いてしまうだろう。その時その時の【みっともない事】【カッコいい事】は移り変わって当然だ。二十数年前私が挑戦したハダカは、当時私のやりたかった事だから、カッコいい事だったんだと信じている。

 若いうちに色々な事を経験して欲しい。羽目をはずすのも人に迷惑かけなきゃどんどんやって欲しい。(迷惑はつきものかな) 年をとると『やってよかった』と必ず思うもんだ。良しにつき、悪しきにつけ・・・・・・。

  
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/29-7d845fd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki