よっさん 元気です

続 行った年 来た年

2011年12月31日 午後
大掃除、おせち料理と大晦日の行事を終えると、我が家は毎年スーパー銭湯へと向かいます。
今年も予想通りの混みようで、特にサウナの中では席が無く立って汗を流す人もいました。
芋洗い状態の湯舟の中で1年を振り返りながら語り合う親子とか友人同士。
絆を感じるひとときでした。
img1175.jpg

2012年1月1日
妻と娘は出勤準備、息子は初日の出を見に明け方未明より外出。
元旦の朝といっても普段の日曜日みたいな感じで今年も無事明けました。
地元の白山神社へお参りに行きました。
昨年参道入り口に建立された地元の名士 メニコン会長 田中恭一氏 の創業60年の記念碑を眺めていました。
【創業の精神 ものづくりの心 この地に】と刻まれた記念碑。
碑文にはコンタクトレンズ開発までの経緯が記されています。
「決してあきらめない精神を持ちなさい」田中氏はそう説いています。
思わず石碑の前で二礼二拝一礼をする自分に笑ってしまいました。
vol123_p01.jpg

2012年1月2日
江南の曼陀羅寺の朝はとても静かです。
参道を踏みしめる玉砂利の音は心地よく響いていました。
院内の七福神は優しい笑みを浮かべていました。
120102_094655.jpg


施設で世話になっている認知症の父が昨年暮れから三が日まで実家に帰ってきています。
今年は私一人で実家へ挨拶。
兄の家族は兄嫁の実家へと出かけていました。
今日は父と母と三人だけの正月です。
食卓の上に用意してあるすき焼きの具材を見張っていなくてはいけません。
どういうことかというと、認知症の父は何でも口に入れてしまうのです。
調理前のねぎやら焼き豆腐など目を離したすきにムシャムシャと生のまま食べてしまうのです。
とても忙しいすき焼きでした。
でも年老いた母は気丈です。
心に残る味でした。

2012年1月3日
朝、兄からの電話。
「在所のおばさまが亡くなったよ。」
突然の悲報でした。
母の兄の奥さんで母は昨年の暮れに元気な姿で年越しの挨拶をもしていました。
私は幼いころ、小牧の母ちゃんと慕っていた方です。

50年も前の話、私の家族は名古屋の中川区で木工業を営んでいました。
伊勢湾台風の時被災し、兄と一緒に小牧のおばさんの家に疎開していました。
一段落ついたところで名古屋に戻るという時に兄はすぐ戻ったのですが、私は帰りたくないと泣きじゃくっていたそうです。
相当台風が怖かったか、小牧の生活が最適だったのか……あまり覚えていません。
それから1か月間、居ついてしまったそうです。
その時からおばさんのことを小牧の母ちゃんと呼んでいたそうです。

すぐさま母と一緒に在所へ向かいました。
布団の中で安らかに眠っているおばの姿に泣き崩れる母。
親族はもちろん、老人会でも人気者だったそうなおばの人柄が偲ばれるお仲間の弔問客は口をそろえてこう言います。
「おばさんらしい 亡くなり方だ。めでたいめでたい」と……

愛 燦々と この身に降って
心秘かな 嬉し涙を 流したりして
人はかわいい かわいいものですね

あぁ過去達は 優しく睫毛に憩う
人生って 不思議なものですね

それでも 未来達は
人待ち顔して 微笑む
人生って 嬉しいものですね   by 小椋 佳
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/240-3ac71054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki