よっさん 元気です

敬老の日

先日太平洋戦争で志半ばに戦死した画学生の遺作、遺品を収蔵、展示する美術館【無言館】館主の窪島誠一郎氏の講演会に行ってきた。

「あと5分、あと10分、この絵を描かせてほしい。」
出征ギリギリまで愛する人々を描き続けた画学生達の物語に何度も涙した。

戦争から無事帰還していれば丁度私の父のように人生を過ごしてこれたのだろう。

今日は敬老の日、痴呆症の父に会いに施設に行ってきた。

長く伸びた爪を切ってあげる。
「あんた誰だった?」
息子にそんな問いかけをする父。
最初はショックだった。

パチンパチンと爪を切る音が、父の部屋に響き渡る。
「ありがとうございます。」と軍人のように深々と頭を下げる父の姿を母と娘は微笑ましく見ている。
「どういたしましてッ!」敬礼して爪切り終了。

あなたが生きていたから、私も生きているのです。
ありがとう、親父。
ありがとう、おふくろ。
編み物する婦人
画像は無言館所蔵 興梠 武 編みものする婦人
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

ご無沙汰していました。
番頭よっさん→かもめのよっさんに
改名されたのですね。
かもめのジョナサンみたいで
いいネイミングですね。
無言館には行ったことはありませんが
東京にいた平成四年に靖国神社に
行きました。そで見た遺品は
身につまされてしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/215-0cf7dfd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki