よっさん 元気です

something to drink ブラッディ・マリーを・・・

「ハルキはよくブラッディ・マリーを飲むんだって。」
村上春樹にはまっている息子がポツリとつぶやいた。
「珍しいな、お前が酒の話をするなんて。」
「ハルキのような生き様にあこがれているんだから、ここはどうしても飲まなきゃいけないっしょ。」
「よしわかった、ウォッカとトマトジュースそれからレモンだな。」
ハルキ本は1冊も読んだことがないのだが、カクテル図鑑系はよく目を通す。

ブラッディ・マリー (Bloody Mary) とは、ウォッカをベースとする、トマト・ジュースを用いたカクテルである。
16世紀のイングランド女王、メアリー1世の異名に由来するといわれている。メアリーは即位後300人にも及ぶプロテスタントを処刑したことから、「血まみれのメアリー」(Bloody Mary) と呼ばれて恐れられていた。(ウィキペディアより)

息子は私と違って呑兵衛ではなく、基本的に会社が休日の前の夜飲酒日と決めている。
とある金曜日、会社から帰宅途中スーパーでウォッカとトマトジュースを買いイソイソと家に帰ってきた。
「ただいま~ 今日のドリンクは Tのリクエストのブラッディ・マリーだぜ。」
「今夜Tは飲み会で遅くなるって。」
「そうか、じゃあ明日の夜にするか。」

呑兵衛夫婦は食事中トマトジュースがどうも気になってしょうがない。
「予行演習で一杯作ってみようか。」
「う~ん 少し塩を入れるってのもレシピにあるぞ。」
「キュウリスティックのトッピングもおしゃれだわ。」
「レモンはクラッシュしてグラスの底にってあるよ。」

一杯で収まるわけがなかった。
あっという間にトマトジュースは空になり、ウォッカボトルも残りわずかに。

「ただいま~。」
息子が帰ってきた。

血の気漂う食卓を見て、村上春樹は何を思うだろうか……?
言葉を無くした親子であった。
1010400415.jpg

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/209-a6903821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki