よっさん 元気です

【大鹿村騒動記】鑑賞騒動記

あれは7月の最後の日曜日のことだった。
俳優原田芳雄の訃報を聞く前から見に行こうと決めていた、映画【大鹿村騒動記】の上映館上映時間を調べるところからこの騒動記は始まった。
1日2回きりの上映とか、レイトショー上映のみとか、近くで上映している封切館がなかなか見つからなかった。
そんな中、元国際空港跡地のショッピングモールのシネコンで 12時10分 16時10分 と告知された新聞の映画案内欄に胸をなでおろした。

「11時半位に着いてチケットを買って軽く食事をしてちょうどいいだろう。今夜の家族そろっての夕食会も余裕のよっさんで間に合うな。」

目的地までの道のりの途中は、私が高校時代母校まで自転車30分走った道がある。
懐かしい景色の中に溶け込み学生服姿の自分を思い出しながら車は予定通り11時30分ショッピングモールに到着した。
3697885921183108127921201194272122111d5.jpg


2階フロアの映画館から階段を伝って1階入り口からもあふれ出た、小さい子供連れの行列が目に留まった。
「あ~夏休みでポケモンとかハリーポッター待ちなんだな お父さんお母さんお疲れさん」と行列横目に階段を上って映画館フロアーの光景に愕然とした。
シネコンシステムを甘く見ていた。子供向けだろうが大人向けだろうが、チケット販売窓口はひとつ、行列最後尾までダッシュで戻った。
「お客様、危険ですので階段は走らないでください。」
「冗談じゃない、こんな窓口システムはないだろう。」
係員の胸ぐらつかんで詰め寄りたい気分だが、我慢して並んでいる小さい子供たちの視線に辱めを受け、「すいません……。」と顔を赤らめる。

なかなか窓口までたどり着けない、このペースでは上映開始時間には間に合わない気配となってきた。
最初は多分予告編とかCMとかで10分位は大丈夫だろう、でも時間が来れば次の回のチケットとなってしまうのだろうか?
イライラ気分に拍車をかける、空腹感。
もう少し、もう少し。
あと10番目位のとこで上映時間の12時10分となってしまった。
案内盤の12時10分の表示ランプが消えると共に私の希望の灯も消えた。
どうしよう……16時10分まで待つか、家族夕食会をさぼることになる……
家族にメールするか……映画はまたの機会にするか……

頭の中が混乱している中、「次の方どうぞ~」と販売員の声。
「お待たせしました、ご覧になる映画をお知らせください。」
涼しい顔してマニュアル通りのアナウンスをするアルバイトのお姉さん。
ポケモンって言ったら、どう切り返すだろうかなんて思いながら。
「お・お・大鹿村騒動記……」
「はいッ、大鹿村騒動記ですね、今始まって10分経ってますがそちらでよろしいでしょうか?」
「途中入場できるのですか?ほんとはもちろん最初から見たいんだけど……」
「はい途中からでもお客様がよろしければですが、完全入替制ですので次の回を引き続きご覧になることはできません。」
「そりゃそうだよね、迷ってる場合じゃないね、じゃぁもう始まってるので」
「ありがとうございます、それでは通路側で空いてる席がこちらと…」
指定席のチケットを握りしめ上映ホールへダッシュ。
「お客様、危険ですので場内は走らないでください。」
「うるさい、冒頭10分間分料金返せッ!」
と叫びたいのを抑えスゴスゴとホールに入っていった。

冒頭は見れなかったが、満足して見終えた。
なんていい映画だ。
そして、また別の日にもう一度じっくり鑑賞しようと思った。
開始までのドタバタはすっかり忘れることができた。
この映画の名セリフを実感したのだ。

仇も恨も是まで是まで
oosikamura.jpg
関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/208-c408045b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki