よっさん 元気です

もっと 光を・・・・・・

         
クリスマスをピークに、商業施設や公園それから最近では一般個人住宅でも、キラキラとイルミネーションで飾りつけられた風景をよく目にしますね。静けさの中にほんわか浮き上がる光の芸術は凍えるような寒さを忘れさせてくれて心が温まります。

 都会の雑踏の中の、眩しすぎるほどの電飾はあまり好きではありません。にぎやかな雰囲気の中にいると、余計空しくなるのは年のせいかもしれないです。 
 でも阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意が込められた「神戸ルミナリエ」は壮大感の中にも厳かな雰囲気が漂い、先の震災で命を落とされた方の鎮魂歌が聞こえてくるようで豪華絢爛の中にも緊張感があり、身が引き締まる思いがします。(行った事無いけど・・・・・・)

 ご存知フーテンの寅さんが夜汽車の中の心情を語る大好きな台詞があります。
 
 真っ暗な窓ガラスにホッペタくっつけてじっと外を眺めているとよ、
 遠くに灯りがポツンポツン、、、
 あー、あんな所にも人が暮しているんだなあ、、、
 汽笛がポーッ、ポーッ、、、ピーッ、
 そんな時よ、そんな時、なんだかわけもなく悲しくなって、
 涙がポロポロと出たりするのよ。
 そういうことってあるだろう。


 うーん、しみじみしてきましたね。
  
 「もっと、光を・・・」 ドイツの哲学者ゲーテの臨終前のひとこと
 
本当は、「部屋が暗いから、戸を開けて明るくしてくれ~ッ」って言ったとか 誰が考えてこう言った事にしておこうとなったんでしょうかね? さすが天才詩人の弟子たちと思います。

 今年もあとわずか、いろいろありましたが 「もっと、○○を」なんて往生際の悪い事を言わず、「行く年、来る年」の雪深い山寺の除夜の鐘の中継でも見ながら、しみじみと年越しできたらいいなぁなんて思っています。

 私の一番好きな、イルミネーションは しんしんと降り積もったあとの 『雪明り』 のような気がします。


      
      
xmasirumi_02.jpg
138タワーパークより メリー クリスマス

関連記事
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

詩人だねえ

とっておきのイルミネーションってこれでしたかぁ。
素敵ですね。やはりよっさんは一宮を愛する郷土人なのですね。
寅さんのセリフもしみじみと郷愁があっていいですね。
さとやんなんか寅さんといえば「ちゃらちゃら流れるお茶の水、粋な姉ちゃん立ち××」なんてことしか知らないのに。
よっさんは詩人です。

  • 2006/12/25(月) 00:20:25 |
  • URL |
  • さとやん #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://soumusouru.blog80.fc2.com/tb.php/17-ebf416c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki