よっさん 元気です

Moon Over Bourbon Street

賑やかなパーティーは終わり駅に向かう冬の夜道を歩いていた。
ほろ酔い気分も醒めてしまうほどの冷たい風にさらされ歩いていた。
頭の中ではトランペットが奏でるメロディーが繰り返し流れている。

ホームに続く階段を上っているときも
通過列車を見送るときも
ビルとビルの隙間に浮かぶ上弦の月を眺めても

何ていう曲だったっけ?

ホームに滑り込んできた列車は快速列車だった。
「まぁいいか、乗ってしまおう」
家に帰る駅は通過してしまう。
一駅通り越し隣り町でも彷徨うか。

土曜の夜降り立った駅はごった返している。
「次は何処行く 二次会どうする?」 相談しあう何組ものグループをすり抜け
駅前スクランブル交差点を人ごみの中斜めに渡り薄暗い道を歩く。
振り向くと妙に赤く輝く半月が夜空にぶら下がっている。

いつもの店は程よい混みようで、カウンターでぽつりと呑むに丁度良い。
バーボン ブラントンの水割りを呑みながら物思いにふけっていると、カウンターの向こうからマスターは立ち並ぶボトルを磨きながら絶妙なタイミングでポツリポツリと声をかける。
「お疲れ様、バーボンお好きですね」

10年前を思い出している。
10年前……妻と長男、長女とファミレスで食事をしていた。
「お父さんな、会社変わるけど、今以上がんばるからな」
子供たちは、困った様子も見せずハンバーグをほおばりながら
「いいよ、がんばってね。」と救いの返事を返してくれた。
妻は黙ったまま俯いていた。
転職から10年か……

「マスター今夜の月って半分欠けてて妙に赤いんだよパーティーのデザートに出てくる赤いグレープフルーツみたいな」
「妖しげな夜ですね 隕石の落下も関係ありかもしれないですね。」
「ロックでいけるお勧めバーボンをお願い。」
「今日いい丸氷ができたんですよ、それでやってみます。」
ボトルの並びから取り出されたボトルは ヘンリー マッケンナ
グラスの底の透き通ったまん丸な氷にバーボンを注ぐ。
まん丸氷は上弦の月となる。

店を出て再び夜空を見上げる。
月は青白い輝きを取り戻していた。
月の上には家族の面々が浮かんでいた。
帰ろうさぁ帰ろう。
足早に駅へ向かうと気になっていた曲を思い出せた。
スティングのバーボン・ストリートの月だ。
帰ろう、月明りが導いてくれる、家族へそして未来へと。


♪♪今夜はバーボン・ストリートの月が出ている
青白い青白い街灯の下を行く人たちの顔が見える
やむにやまれぬ欲求に引かれて
明るい電灯や人々や月を見に出てきた俺
毎日 強くなれるよう祈るんだ
自分のしてることが
間違いだと知ってるからさ
俺の姿はどこにも見えず
バーボン・ストリートに月が昇った夜は♪♪
スポンサーサイト
このページのトップへ

something to drink アーリータイムズで開拓精神を・・・

30年も前の話です。
なだらかな坂を上ったところに陽気な仲間たちが集まるライブハウスがありました。
店の名は【バーボン牧場】バーボンが好きになったのはこの店のおかげです。

バーボンの中でも特にアーリータイムズのファンです。
熟成樽がわざと焦がしてあるので木の香りが豊かで琥珀色もいっそう深く感じるのです。
バーボンウィスキーが初めて造られたのはケンタッキーに住む牧師さんが副業でウイスキー造りに励んでいたのですが、ある日、鶏小屋に置いていた熟成用の樽を、火事で焦がしてしまいました。ところが、その樽で熟成したウイスキーが特有の味と香りを作ったと評判になったと伝えられています。
120111_220536.jpg


アーリータイムズには開拓時代という意味が含まれているそうです。
開拓という言葉のイメージは 泥臭く、過酷、根性、執着心、など連想されます。
正月にNHKで放映されたドラマ 【開拓者たち】も壮絶なドラマでした。
orig_201201082352240.jpg

しかし、何事も念ずれば通ず心の強さが道を拓くこの結末を信じ今宵もバーボンをかたむけるのです。

ならず者の酒場でアーリータイムズをワンショットいかがですか

今週のアマリリスくん
120225_170116.jpg
このページのトップへ

something to drink 伏見蔵 本醸造を・・・

今年もどんちゃん会の4人の仲間がいつものお店 店長のひとりごと に集合し忘年会で楽しいひと時を過ごすことができた。

今年の漢字【絆】人と人との繋がりは無限に連鎖し広がって行く。それぞれの絆に感謝してこの1年を締めくくる。
img_1296372_39266249_0.jpg


となりの席では、マスコミメディア関係の仕事の話の熱弁を繰り広げている。
女子会のお姉さんグループも久々の再会を楽しんでいる。
それぞれの絆の輪が広がって行く。
人は人と生きていく。

今年の〆のお酒は酒どころ伏見の名水「伏水」がベースで、軽快で滑らかな味わいの 【伏見蔵 本醸造】を燗で堪能した。
徳利、お猪口で酌み交わす一瞬の静寂は慌ただしい中ホッと一息つける至福の時だ。
img_953368_17479579_1.jpg

いやな出来事は人のせいにせず素直に受け止めキューっと呑みほし忘れてしまおう。
楽しかった思い出は大事に温めておこう。
そんな忘年会だった。
変換 ~ DSCF2697
このページのトップへ

something to drink 労い酒を夢ん中で

えー談志師匠が亡くなったってー知らせを聞いて世の落語ファンは愕然としております。
あたしゃ落語ファンではないですが、人生の落伍者とはよく言われる始末。
ワイドショーでは家元立川談志の話でもちきりでありますんで談志師匠の人柄が否が応でも耳に入ってくるもんでございます。

なんでも談志ファンは師走にはいると彼の【芝浜】を聞かないと年が越せねえってんで俄か談志ファンのあたしゃインターネットを利用して談志師匠の【芝浜】を見たんですよ。
すごいねーッ 天才だねーってんで一人演芸場を楽しんだですよ。

いやー【芝浜】ってのはねウィキペディアによると 酒ばかり飲んでいる男が芝浜で大金の入っている財布を拾う。しかし拾ったはずの財布がなくなる。妻の言葉によって「財布を拾ったこと」は夢であったと諦める。男は改心して、懸命に働き、立ち直り、独立して自分の店を構えるまでに出世する。後に妻から実は妻が財布を隠していたという事の真相を知らされるという筋である。夫婦の愛情を暖かく描き、古典落語の中でも屈指の人情噺として知られているってんで、呑兵衛のあたしゃ面白くってしょーがねえや。

さげもいいねぇー 妻は懸命に頑張ってきた夫の労をねぎらい、久し振りに酒でも、と勧める。
はじめは拒んだが、やがておずおずと杯を手にする。「うん、そうだな、じゃあ、呑むとするか」
しかし思い立った夫、次には杯を置く。

「よそう。また夢になるといけねぇ」


談志師匠のご冥福を祈り、今宵は夢ん中で杯を手にしやす……お後がよろしいようで……
このページのトップへ

something to drink ボージョレヌーボで乾杯

気分が落ち込んだまま朝を迎えた。
今日は勤労感謝の日。
誰が誰に感謝するのだろう。
まぁそんなことはどうでもいい。
気晴らしドライブで紅葉でも見に行くかと車は中山道を走る。

土岐プレミアム・アウトレットで妻と娘はショッピング、ストレス解消に精を出す。
別行動で私は自分の好きなお店をぶらついた。
サンクゼールのジャムを試食しワインの品定めそしてカフェコーナーでくつろぐ。
ファッションより食い気なのだ。

毎年定番となっている、ボージョレヌーボーの解禁と同時に赤と白それぞれ楽しむのだが、今宵は白で乾杯。
解禁日、いい夫婦の日、そして勤労感謝の日、この季節3日はワインを楽しむのだ。
111123_180108.jpg
勤労感謝 自分で自分に感謝する日かもしれないな。
感謝するほど仕事ができていない自分が恥ずかしく、また気分が落ち込んでしまった。
しょうがねーな まったく……・
このページのトップへ

FC2Ad

献血に行こう!

LOVE in Action .

プロフィール

よっさん

Author:よっさん
おかげさまで元気です。
感謝の気持ちを綴ります。
ありがとう。
皆様のおかげさまです。

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

私共の会社です。

お客様に感動を与える 技術と心を

いい空気 e-kuki